053-472-2233  お問い合わせ
平日 9:00~18:00 / 土曜日 15:00迄 [祝日・年末年始を除く]

旅レポ

最北の大自然 利尻島・礼文島両島宿泊

2019年6月9日(日)~11日(火)

  

 

 

   

 

 

2泊3日で利尻島と礼文島の両島に行ってきました。

初日は陸海空と各種交通機関を利用して、一番最初に日本最北の地宗谷岬を見学しました。その後は稚内港より

フェリーでまずは礼文島へ。下船後そのまま今晩の宿泊先の「三井観光ホテル」へ。夕食は新鮮な海の幸やカニなど

堪能していただきました!。

2日目はいよいよ利尻礼文の島内観光スタートです。午前中は礼文島の観光で、スコトン岬・澄海岬などのきれいな

海と青空を背景に大自然を満喫しました。今年の天候不順で諦めていた、ここでしか見ることのできない固有植物の

「レブンアツモリソウ」も無事に見ることができ、参加者の皆さんも大喜びです!。そして昼食はお待ちかねの名物

「うに丼」を食べてお腹も大満足!。午後は19km離れている利尻島へ。フェリーから見る利尻富士も一段と大きく

間近に見ながら下船し、島内観光へ。姫沼・オタトマリ沼・仙法御崎公園と、常に利尻富士が見える中で大自然を満喫

していただきました。

気がつけばあっという間の最終日。お陰様で行きも帰りも穏やかな船旅で稚内港へ。稚内公園と氷雪の門を見学した

後は陸海空と乗り継いで中部国際空港へ到着。3日間とも社名の通り「太陽」の下で「観光」でき、ケガや病気もなく

皆さん無事に帰ってこられて大変うれしく思います。

(山下正人)