053-472-2233  お問い合わせ
平日 9:00~18:00 / 土曜日 15:00迄 [祝日・年末年始を除く]

旅レポ

東北四大夏祭り!青森ねぶた!秋田竿灯!仙台七夕!山形花笠!

平成29年8月4日(金)~7日(月)

 

みちのく夏の風物詩 東北4大夏祭りです!

 

まず1日目は新幹線で青森へ!浜松から5時間程、鉄道の旅です。青森到着後はメモリアル船八甲田丸や観光物産館アスパムなど青森市内を観光しました。そして夕方からは青森ねぶた祭です。この日は18台の大型ねぶたが出陣し、跳人(はねと)と呼ばれる踊り子たちが「ラッセーラー ラッセーラー」と声をかけながら大型ねぶたと跳ね歩いて、お祭りを盛り上げてくれました。幅約10m・高さ約5mの大きさがある迫力満点のねぶたは必見です!

 

2日目は秋田県の竿灯まつりを目指し、秋田県へ進めました。途中、五所川原市の立佞武多の館、なまはげ伝承館へ立ち寄りました。なまはげ伝承館では実際になまはげの実演を観て、郷土文化を体感しました。なまはげは非常に迫力があり子供たちが泣いてしまう程で私も驚きました。夜はいよいよ秋田竿灯まつり。稲穂に見立てた竿灯が夜空を揺らめきます。「差し手」と呼ばれる男たちが約50㎏ある竿灯を軽々と持ち上げて秋田の夜を美しく灯していました。竿灯を手や肩・腰などで支えて競う妙技は圧巻です。10mを超える竿灯を器用に支える妙技は暑さを忘れるほど夢中になります。稲穂のように揺れる竿灯は非常に幻想的で素晴らしい夜でした。

 

翌日は仙台七夕まつりと山形花笠まつりを観てきました。

仙台七夕まつりは紙と竹で出来た七夕飾りが数千本飾られ、とても華やかです。飾りは見上げるほどの大きさで迫力があり私たちを楽しませてくれました。かなりのにぎわいで熱気を感じました。

夜は移動して山形花笠まつりです。華やかな山車を先頭に笠を持った踊り子たちが掛け声とともに舞を披露します。艶やかな衣装をまとい、花飾を付けた笠を手に花笠音頭を踊り華やかなお祭りでした。衣装がカラフルで踊りもバリエーションがあります。なかには自衛隊の方も参加しており力強い踊りを披露していました。私たちも手拍子をしながら踊りを観て楽しい夜になりました。

 

最終日は蔵王ロープウェイに乗り、涼みながら景色を楽しみました。その後は新幹線で浜松への帰路につきました。4大夏祭りはどれも特徴がありそれぞれとても印象に残っています。この4日間、東北の方々の熱気・はつらつさを肌で実感し元気をもらった旅行でした。

(伊藤彪馬)