053-472-2233  お問い合わせ
平日 9:00~18:00 / 土曜日 15:00迄 [祝日・年末年始を除く]

旅レポ

聖地 高野山の宿坊と吉野山千本桜

平成29年4月15日(金)~16日(土)

                         

 

 

春の人気コース、高野山と吉野山千本桜へ行ってきました。タイトルどおり、ふたつのみどころが楽しみな2日間です!

 

浜松を出発したバスは順調に進み、途中で積み込んだお弁当昼食を食べながら、昼過ぎに高野山に着きました。やはり標高900mの山上に開かれた「天空の聖地」だけあって少し遠いですね。大門を通り、117カ寺が並ぶ霊場 高野山の山内に入りました。

 

まずは中心的な聖地である「奥の院」へ参拝します。現地の案内人の説明を聞きながら、歴史上の偉人のお墓をお参りしながら進みます。そして御廟橋から先は脱帽・一礼して入ります。燈籠堂・弘法大師御廟、そして燈籠堂の地下へと、高野山で最も神聖な場所の参拝は心が洗われるようです。

 

移動・休憩後は、高野山の総本山「金剛峯寺」へ参拝、名勝の石庭や寺内をまわります。気が付けば夕方になり、宿坊「遍照尊院」に入りました。皇太子様が学生時代に宿泊された由緒ある宿坊です。一般の旅館等の設備には及びませんが、ゆったりした庭や大浴場があり、精進料理の夕食も美味しくいただきました。高野山のシンボル、壇上伽藍の「根本大塔」まで徒歩1分なので、最も美しい夜のライトアップも楽しんでいただきました。

 

翌朝のお勤めは希望者でしたが、多勢の方がみえられました。そして朝食後にもうひとつの目的地、吉野山千本桜へ出発です。この時期はすごい渋滞になりますが、高野山に前泊して朝イチバンの空いている時間に到着できるのがこのコースのメリットです。

 

バス駐車場のある下千本は満開がすぎて散り始めでしたが、予想どおり中千本・上千本の桜は満開でした。多くの人で賑わう参道を進み、金峯山寺蔵王堂(世界遺産)を目指します。数年前から始まったこの時期だけの御開帳、秘仏 ご本尊を目当てに多くの人が参拝していました。そのお姿と迫力は圧倒的です!(特別御開帳は、あと数年先までの予定)

 

その後は、同じく世界遺産の吉水神社をお参りしました。ここは「一目千本」の地、たくさんの人達が対面した山腹を彩る一面の桜に「来て良かった~」と感嘆の声を上げています。秀吉が盛大な花見をしたり、身を隠していた義経が静御前と最後の別れをした、歴史の舞台でもあります。

 

このあたり、中千本の桜は満開!  思い思いのお店で花見をしながらお食事をしたり、賑わう参道でお買物に興じる人達などでいっぱいです。おっと!バスの出発時間を忘れないように。たっぷり4時間とったから、なんと奥千本まで行った方もいました。 それぞれ十分満喫した、天下の吉野桜でした!

(鈴木陽二郎)