053-472-2233  お問い合わせ
平日 9:00~18:00 / 土曜日 15:00迄 [祝日・年末年始を除く]

太陽倶楽部

G北関東と福島 桜巡りと春の花々、名湯めぐり

印刷用PDFはこちら

 

 

<企画担当者のこだわりどころ>

 

桜の季節に北関東と福島をめぐる旅。まず1日目は、なんと16km!の「日光街道桜並木」を走って

東照宮へ向かいます。陽明門の大改修が終わって大勢の人出となっている「日光東照宮」も、この季節は

名高い金剛桜が迎えます。1泊目は1200年以上の歴史を誇る「塩原温泉」の大型温泉ホテルで、

湯めぐりなどが楽しめます。

2日目は那須連山・茶臼岳山麓の酪農地帯と温泉・別荘地、そして皇室の御用邸がある「那須高原」を

観光します。そして午後は福島県に入り、日本三大桜のひとつ推定樹齢1000年の大桜「三春の滝桜」

を見学。二本松では「桜の名所 霞が城」や詩人の高村光太郎の妻「智恵子の生家・記念館」などを

訪れます。2泊目の「あだたら高原岳温泉」と共に、残雪の安達太良山を望む風情の地です。

岳温泉は是非、宿から歩いて夜桜トンネルの見物にお出かけ下さい。また、酸性泉で効能の湯として

知られた名湯もお楽しみください。

3日目は、一面に青く広がる美しいネモフィラ(北アメリカ原産の一年草で、和名を瑠璃唐草(るりからくさ)

といいます)で最近話題の「ひたち海浜公園」へ。春の花々も彩られています。そして日本三名園

「水戸偕楽園」は(本当は梅の季節がいいのですが)、徳川斉昭自らが設計した「好文亭」をご案内致します。

このコースも「2名様以上ならご近所から乗車」いただけます。

ベテランガイドさんのおしゃべりも楽しみな、楽々のんびりのバスツアーです!。

印刷用PDFはこちら